金融車 AVANTE アバンテ買取・販売の〜金融車 売却する際のメリットとデメリット〜ページです。

お電話・MAILでもご注文受け付けています。

営業時間:月~金 9:00~22:00

受付時間:24時間対応

TEL03-5656-9475

LINE IDavante8118

MAILavante8118@gmail.com

お問い合わせはコチラ

〜金融車 売却する際のメリットとデメリット〜

EF481DFF-5373-42BF-8169-88EEDC6E1AFC

ご自身の名義のローン中の車を
売却する様々な理由がありますが
はじめて金融車として手放すオーナー様には、
一時的な資金繰りが理由の方が多いです。
まず初めにその場合の一番のデメリットは、
一般的な市場価格より安価な値段で
手放さないといけないのが
1番のデメリットだと思います。
購入する場合のメリットが大きい分、
はじめて金融車として手放す場合は
一般の市場価値と大きな開きがあるので
躊躇する方は多いかと思います。
しかも、売却したからといって
ローンの残債が償却されるわけでもありません。
また残債の支払う義務は自身にあります。
カーローンというのは車を購入する際に、
毎月一定額を返済するという債務(借金)です。
ただし、車の価値も毎月一定額が
相場として下がっていくという訳ではないんです。
ご存知の通り車の価値は、もの凄い勢いで下落します。
翌年に半額くらいの相場価値になってしまう
車両も珍しくないほどです。
ローンを完済する頃には、車両の相場価値が
ほとんどゼロなんてことも少なくありません。
しかし、名義変更ができない車を一般の中古車として
売却はできないですし
ローンを完済して売却する場合は
逆に追い金しなければならない。
そんなときに…車の価値がある内に
手放してしまうという考え方はいかがでしょうか?
そんな理由で金融車として売却して
現金を残すというのは立派な資産運用とも言えます。
ちなみに、以前のブログでもお伝えしたように
購入時のメリットは非常に大きいです。
金融車としてお車を手放した方が
次に選ぶお車も金融車が多いです。
一時的に資金繰りに困る人も、
ずっと困っている訳ではありません。
困ったときに安値で売却してしまったが、
資金に余裕があるときに
また違う金融車を安値で購入すると言う考えも
良いのではないかと思います。
金融車は売却においても考え方一つで
良い選択肢だと思います。

twitter

instagram

スマホ PC