金融車 ファイブスターオート【買取・販売】 FIVE STAR AUTO【質なび】 の〜金融車 ローン車とリース車の違い〜ページです。

お電話・MAILでもご注文受け付けています。

営業時間:月~金 9:00~22:00

受付時間:24時間対応

TEL080-8118-8130

LINE IDfivestarauto888

MAILfivestar.auto888@gmail.com

お問い合わせはコチラ

〜金融車 ローン車とリース車の違い〜

2017年06月22日
IMG_6790

ローン車とリース車の違いについて

まずはマイカーリースやオートリースなど
リース車ですが、車の所有の権利では無く、
使用の権利を持つのがリース車です。

リース車は車の所有者は
リース会社などのファイナンス会社になります。
ユーザーはファイナンス会社が
自動車メーカーやディーラーから購入した車を
利用期間・プランを決めて借り受ける
利用者になるわけです。

車検証の所有者欄には「ファイナンス会社名」
利用者欄には「ユーザー名」が記載される
ことになります。

カーリースは簡単に言うと
長期契約できるレンタカーのようなものです。

もちろんレンタカーなので
自分で整備する必要もないです。

かかる費用は借りる際のレンタル料
と走行距離に応じたガソリン代くらいで、
レンタカー会社が常時メンテナンスしているから
いつ借りても調子がいいし、
万が一壊れてもユーザーに過失がなければ
修理代を負担する必要もありません。

気軽に安心して車に乗れるのがレンタカーの
メリットで、カーリースもレンタカーのイメージ
に近いです。

カーリースでは車の法定点検や車検、
自動車税などの税金の支払いは
ファイナンス会社が費用負担して
行うことができます。

リース料を決める元となる支払い額は、
車両価格から契約満了時の車の残存価値
(その時点の予想売却価格)
を引いた額になるため、
ローンに比べて月々の支払額を
低く抑えることも可能です。

リース料には車に乗り続ける上で
必要な費用がほぼ含まれています。
毎月のリース料には車両代金だけでなく、
自動車税や初期登録費用、期間中の車検費用や
定期点検の費用、さらにオイル交換や
消耗品の交換費用に至るまで全てが含まれます。

車を所有すると自分でやらなければならないこと
(車検や税金の支払い、定期メンテナンスなど)
から解放されるのが、契約期間中だけ借りる
と言う仕組みであるのがリース車の特徴です。

ここまでの内容であれば
一見気軽に乗れるメリットの方が
目立ちますがデメリットも多数あります。

リースの契約を解約をする場合
残りのリース料金相当額を一括で
返済した上で車を返却する
必要が出てしまいます。

また盗難、事故に遭った時のリスクが大きいです。
盗難に遭ったり全損事故で廃車せざる得ない場合
リース契約は強制的に解約となってしまいます。

車のドレスアップ・改造が制限される
カーリースでも契約時にメーカーや
ディーラーのオプションを好みで選択しておけば、
あなたの希望通りの車に乗ることができまが、
リース契約後に改造したい、
となると自分で購入した場合より難しいでしょう。
リース契約が終了した後車を返却する際に原状回復
(契約開始に戻す)必要があるからです。

車をいじるのが好きな人にはカーリースは向いていないと思います。そういう人はリースでは無くローンか現金一括を選ぶことをお勧めします。

リース終了時残価が
当初設定残価に満たないと差額を請求される
どんな方法を選んでも車に大切に乗れば支払いは少なくて済む、というのが結論です。

カーリースではあらかじめリース終了時の
車両売却価格を予測し頭金の代わりに
支払いから免除することで、
月々の支払額を低く抑えています。
リース終了時に車が平均以上に
痛んでいれば予測よりも低い金額でしか
売れないため、差額分を負担する必要がある
可能性もあります。

確かにリース会社の手数料と利息の支払いもリース料に乗っかっているので、単純比較すればローンよりも高いと言えるかもしれません。

車検費用が含まれていたり、法定点検も料金内で受けられるなど、ローンでは得られないメリットはありますが
上記のデメリットも考慮しないといけません。

金融車として出回っているリース車とは
どうゆうものなのかということですが、
リース契約期間の途中で車の所有者様が
何らかの理由で手放された車両のことを言います。

メリットとしては
毎年の自動車税を支払わなくて良いことがある点
車検を無料で受けられる場合がある点

メリットとしては大きくこの二点が挙げられます。

先ほど説明したように、
リース車両は車検費用の負担や
自動車税の課税が所有権会社となっている為
購入した後も支払う必要がありません。

デメリットとしては
税止めをされるケースがある
継続車検が通せなくなる可能性がある

これが金融車のリース車両を
乗る上でのデメリットです。

リース契約を結んだ方が
リース料の支払いをしなくなってしまった場合、
所有権会社としては利益が出ない車の
自動車税を支払っていくはずがないですよね。
もちろん真っ先に税止めをします。

そうすると自動車税の支払いが
できなくなり継続車検が
受けられなくなってしまいます。

ローン車であれば、
ローンを組まれた方の支払いが滞ったとしても
使用者課税のため、
取り寄せて支払うことができるので
継続車検を問題なく通すことができます。

結論から言うと金融車として
ローン車とリース車
安心して継続車検が受けられる
ローン車の方がお勧めできます。

リスクがある分、
どこの良心的な金融車販売店であれば
リース車は安く販売されてます。

税止めや抹消登録された場合でも
車検のある間は安心して
乗ることができますので、
短い期間だけ使用するのであれば
良いかもしれません。

twitter

instagram